スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重い場所での負荷調査

■概要
いきなりですが、私はFPS60出ているゲームが好きです。
以前の記事ではカクつき問題に関して取り扱いましたが、
今回は重い(FPSが下がりがちな)場所でいろいろと調べてみました。

今回の場所は「Corvega Assembly Plant付近」。
視界が悪く、かつ密度の高いロケーションです。
日本語版が出るまでまともなプレイは避けようと思っているのでまだ序盤ですが、
この付近だけは、妙にFPSが下がったため調査地として選択しました。

各設定ごとにスクリーンショット、CPU,GPUの負荷等を計測してまとめます。


■計測環境
・PCスペック
CPU:i7-4770
メモリ:8G
OS:Windows7 64bit pro

・ビデオカード
GTX 980TI GAMING 6G
メモリ:GDDR5 6144MB

・計測方法
MSI GamingAppのOSD
タスクマネージャ


■計測結果

1.全てウルトラ設定
設定を全てウルトラにして計測しました。
※ウルトラ設定のボタンを押すと、ゴッドレイのみHighになってしまいますが手動でウルトラにしています。

fo4-1.jpg

FPS:45
CPU:40~50%
メモリ:63%
GPU使用率:61%
VRAM使用率:21%

VRAMは21%なので1.2Gほどでしょうか、意外と少ないなという印象です。
負荷がギリギリまでかかっている箇所はなさそうなのですが意外とFPSが下がってしまっていますね。
この辺は謎です。ソフト側の問題なのか、今後パッチで改善されていくのかは分かりません。

2.ウルトラボタン設定
ウルトラボタンを押した際の設定です。
1との違いはゴッドレイがHighになっているところ。

fo4-2.jpg

FPS:46
CPU:40~45%
メモリ:63%
GPU使用率:54%
VRAM使用率:21%

1と比べると、GPU使用率が下がり、FPSが1ほど上がりました。
しかしまだまだ60には程遠い状態です。

3.Geforce Experienceの最適化設定
最近はNvidiaのビデオカードを使う際にGeforce Experienceという管理ソフトが一緒にインストールされます。
ドライバー更新の管理はもちろん、サポートしているゲームごとの最適化設定まで行ってくれるという
至れり尽くせりのソフトです。

最適化設定を行うことで、全てウルトラの状態からどのように変わるのかを確認してみると

ゴッドレイ:Mediumに変更
オブジェクトディテールの表示範囲:Highに変更
シャドウの距離:Mediumに変更


という結果になりました。早速計測してみると...

fo4-3.jpg

FPS:60
CPU:45~50%
メモリ:64%
GPU使用率:49%
VRAM使用率:23%

FPS60を達成しました。GPUの使用率も当然ながら減っています。
しかし、ここでスクリーンショットに明確な違いが・・・。
1もしくは2のスクリーンショットと見比べていただければ分かりますが、
遠くの影がなくなってしまっています。

4.3の設定からオブジェクトディテールの表示範囲のみをウルトラに変更する
3ではFPSが60になることを確認できました。
では、変更された3つの設定のうち、どの設定がネックになっていたのでしょうか。
まずは、オブジェクトディテールの表示範囲設定をウルトラに変更して計測します。

fo4-4.jpg

FPS:60
CPU:50%
メモリ:65%
GPU使用率:52%
VRAM使用率:23%

GPU使用率が微妙に増えたものの、FPSは60のままでした。
この調査地では、ほとんど負荷に変わりはないようです。

5.3の設定からゴッドレイのみをウルトラに変更する
4と同様に今度はゴッドレイのみをウルトラに変更してみます。

fo4-5.jpg

FPS:60
CPU:50~55%
メモリ:65%
GPU使用率:61%
VRAM使用率:23%

GPU使用率が10%以上上がりましたが、FPSは60のままでした。
ただし、3とのスクリーンショットにほとんど違いが見られないところから、
調査地によってはもっと負荷がかかるかもしれません。

6.3の設定からシャドウの距離のみをウルトラに変更する
今度はシャドウの距離です。

fo4-6.jpg

FPS:48
CPU:45~55%
メモリ:65%
GPU使用率:56%
VRAM使用率:22%

FPSが大きく下がりました。スクリーンショットでも、遠くの部分に影が入ったところから
ここがネックな部分のようです。


■まとめ
今回の調査地では、シャドウの距離設定がFPSや見栄えに大きな影響をあたえることが分かりました。

すでにShadow BoostというMODも出ており、
こちらはFPSに応じてシャドウ表示の距離を変えてくれるようです。

しかし、負荷がそれほどでもないにもかかわらずFPSがここまで下がってしまうのは
ゲームソフト側の最適化がまだ十分ではないという部分も大きいと思われます。

今後のアップデートに期待したいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分も980tiですが同様の症状です

ウルトラでも草原地帯は60fpsキープなのにレキシントンやボストン中心部に行くと40fps半ばまで落ちます
やはり大半が描写距離と影が原因でしょうね

Re: 自分も980tiですが同様の症状です

こんにちは!
ですよね、重いですよねー。


私は仕方ないので、シャドウの距離を最低のミディアムにしてます。
はやく最適化されて欲しいですね。
まだmodは入れたくないのでしばらくこのままです(汗)
プロフィール

Mieko

Author:Mieko
とりあえずは、バグ情報やトラブルシューティング、環境設定、Mod紹介等をしていく予定です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いますぐカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。